ニュース一覧

予定が決まったら予約を

車内

混雑時期は早めの予約を

格安バスは夜に出発して朝イチで目的地に着けるなど便利で、料金も鉄道や航空機と比べても安いことから人気が高まっています。実家への帰省や遠方での冠婚葬祭から、旅行や出張、レジャーへと一人で乗る方、友達や家族で利用される方も少なくありません。格安バスは路線バスと異なり、乗りたい時にいつでも乗れるわけではありません。目的地ごとに発着する場所や経由地、発車時間や到着時間が定まっており、座席数に応じた定員もあるので、利用したい便を選んだうえで事前に予約することが必要になります。路線バスのようにつり革につかまっての立ち乗り乗車などはできませんから、先着順で定員になり次第、予約が締め切られてしまいますので、目的地と日程が定まったら早めに予約を入れるのが賢明です。格安バスの運営方法にもよりますが、空きがあっても当日の直前になって乗車することは難しく、インターネットや電話を使って申し込み窓口に通常、数日前または前日までに予約を入れるシステムになっています。特に連休や年末年始、お盆などの混雑シーズンは満席になるのが早いので、早めの予約がおすすめです。利用料金も前払いが基本でクレジットカードや銀行振り込みなどで支払いを済ませておきます。事前予約と入金が完了しないと乗車できませんので、気をつけましょう。格安バスでは座席指定ができる場合と、運営会社側で席を指定する場合がありますが、一緒に乗る方と連席といった指定はできる場合もあるので、家族連れやカップルなどは連席指定も忘れずに行っておきましょう。

Copyright© 2018 進化する格安バスの実態|長時間でも疲れない All Rights Reserved.